Winser/3Dレーザーマッピング

空中写真測量・レーザー計測用最新UAV/3Dレーザーマッピング機器も新たに登場

「無人航空機(UAV:Unmanned Aerial Vehicle)」は「人が乗ることができない飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの」と定義されており、人が搭乗していない航空機全般を指し「ドローン」という名称で親しまれています。

UAVの産業利用において注目されているのが「検査・モニタリング」と「測量・マッピング」の二つの分野です。

【検査・メンテナンス】
「検査・メンテナンス」では、大型施設の劣化、故障などの点検業務において、UAVの利用による効率化ができると見込まれています。
点検時間を大幅に短縮するとともに、作業員が危険な箇所に行く必要もなくなり安全性を確保できるようになります。

【測量・マッピング】
建設会社や測量会社が中心となる「測量・マッピング」の分野においては、国土交通省や国土地理院といった官庁が主体となり、測量・設計から施工、さらには管理に至るまで、現場の生産性向上、情報化を目的としたICT(情報通信技術)などの積極的活用を推進しており、その中でUAVの利活用が検討されています。

アイサンテクノロジーはUAVを通じて業務における生産性の向上を図るとともに、次世代の測量メーカーとして製品・サービス・ソリューションをお客様に提供してまいります。

製品ギャラリー

CONTACTお問い合わせ

総合受付窓口
0570-064457
受付時間 10:00~17:00
メールでのお問い合わせ