「愛・地球博記念公園『モリコロパーク』にて自動運転モビリティサービス実用化に向けた技術研究」最終年度の研究評価実施

近年、自動運転技術の開発により、旅客・物流サービスへの期待が高まり、MaaSの事業化モデルの早急な実現が喫緊の課題となっています。

アイサンテクノロジー株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:加藤 淳)は、知の拠点あいち重点研究プロジェクト「自動運転モビリティサービス実用化に向けた技術研究」におけるメンバーの一員として、先進的自動運転技術を基盤とする事業化レベルのMaaS全体システム構築と、必要となる要素技術の実用レベルへの機能、及び、信頼性向上を目指し研究を行っています。自動運転技術の目的を実証試験ではなく、実用化レベルの人の移動に資する技術として定め、研究を参画機関と共に目的達成に向けて推進してまいりました。

そして、今年度は、プロジェクトの最終年度であり、愛・地球博記念公園「モリコロパーク」(愛知県長久手市)において、各開発ターゲットの研究成果を集約した総合フィールド試験を行い、総合的視点からの技術研究の最終年度目標に対する達成状況を確認する取り組みを行うと共に、統合評価試験の機会を活用して、一般者の試乗なども積極的に実施し、一般ユーザーからの評価も確認し、更なる深堀を目指しましたのでお知らせします。

詳細につきましてはこちらをご覧ください。

Yearly 年別

CONTACTお問い合わせ

総合受付窓口
0570-064457
受付時間 9:00~18:00
メールでのお問い合わせ