中期経営計画

社是

知恵それは無限の資産
実行知恵は実行して実を結ぶ
貢献実を結んで社会に貢献

経営理念

知恵で地理空間情報のイノベーションを実行し社会資本の豊かな発展に貢献する

行動指針

お客様
顧客満足度の追求
社員
豊かな創造力と自主性の発揮
株主
バランス経営による安定した利益還元
地域社会
事業と雇用創出及び納税

「アイサン」の目指すべき方向性

  1. 人財が当社グループにおける事業活動の基盤であり、採用やスキルアップへの投資を恒常的に図る。
  2. 測位・測地演算ならびに地図創造技術をプラットフォームに「測量システム」「高精度計測システム」「高精度三次元地図」を中核事業とする。
  3. 当社グループは、「測量・不動産登記業務の生産性向上」と「自動運転の社会実装」の実現によって社会資本の豊かな発展に貢献する。

成長戦略

成長戦略解説図

中期経営計画(2021年4月~2024年3月)

前中期経営計画であるChallenge & Rebuildを経て、持続的に成長可能な企業を目指すべく、前計画で築いた土台から次なる成長に向けた期間と位置付け、Investment & Innovationのスローガンを掲げて取り組んでまいります。

基本方針

基本方針

経営目標

経営目標

位置づけ

位置づけ
営業利益の推移のイメージ

Investment & Innovationとは

前中期経営計画では、「Challenge & Rebuild」を掲げ新たな事業分野へのチャレンジと将来を見据えた各社内制度の再構築を図りました。
本中期経営計画では、持続的に成長可能な企業を目指すべく、前計画で築いた土台から次なる成長に向けた期間と位置付けております。
本中期経営計画では、「Investment&Innovation」を掲げ成長分野に向け大胆に投資し新機軸を創出を目指してまいります。

Investment & Innovationとは

Investment & Innovationにおける事業投資ポリシー

当社グループの事業活動では幅広い人財が必要となります。
そのための確保と育成に向けた投資を予定しており、それらのスピーディな実施が事業成長のポイントとなります。
具体的には、次の投資効果を生み出します。

  1. 成長分野に対し、自社でソリューションするソフトウェアやサービスの研究開発から、利益率の高い製品リリースが可能となります。
  2. 高精度三次元地図の生産性向上によりコストダウンに繋がり、市場競争力を高めることが可能となります。

従って、新卒及びイキャリア採用推進とシナジー効果を得るM&Aの実施や人材育成プログラムの構築を強化します。

Investment & Innovationが狙う成長分野

  1. 公共セグメント
  2. 三次元データや地理空間データの利活用が進んでいる状況において、次を当セグメントの成長分野と位置付けております。
    • 三次元データの利活用市場。
    • 公共分野にてMMSの利活用市場。
  3. モビリティセグメント
  4. 2025年に向けて自動運転の実用化が進むと想定される中で、次を当セグメントの成長分野位置付けております。
    • 各方面での高精度三次元地図に係る市場。
    • 自動運転の実証実験の経験を活かしたスマートシティ等での 実用化に向けた市場。当社グループ゚の事業活動では幅広い人財が 必要となります。

Investment & Innovation定量目標

2022年3月期2023年3月期2024年3月期
売上高 4,450 4,600 5,500
営業利益 220 320 700
売上高営業利益率 4.9% 7.0% 12.7%
経常利益 210 310 690
親会社株主に帰属する当期純利益 147 217 483
配当金 13 14 27

セグメント概要

当社では事業内容から公共セグメントとモビリティセグメントとに区分しております。

報告セグメント主要な市場と製品等
公共セグメント (主要な市場)
自動車関連、MaaS関連の市場を主たるターゲットとしています。
(製品等)
測量土木関連ソフトウェア及び保守サービス、三次元点群処理ソフトウェア、測量計測機器、
MMS計測機器及び関連製品、MMSを用いた三次元計測・解析業務の請負、その他関連ハードウェア等
モビリティセグメント (主要な市場)
自動車関連、MaaS関連の市場を主たるターゲットとしています。
(製品等)
MMS計測機器及び関連製品、三次元計測・解析業務の請負、高精度三次元地図データベース構築業務の請負、
自動運転システム構築、自動運転の実証実験請負、衛星測位に係るサービス、三次元点群処理ソフトウェア、
その他関連ハードウェア等
その他 不動産賃貸業

報告セグメント別業績目標

2022年3月期2023年3月期2024年3月期
公共セグメント売上高 2,990

3,120

3,980
セグメント利益(営業利益) 418 507 881
売上高営業利益率 13.98% 16.25% 22.14%
モビリティセグメント売上高 1,450 1,470 1,510
セグメント利益(営業利益) 68 89 108
売上高営業利益率

4.7%

6.1% 7.2%
その他売上高 10 10 10
セグメント利益(営業利益) 4 4 4
売上高営業利益率 40.0% 40.0% 40.0%

公共セグメントのミッション

    1. 基本方針
      • お客様との継続取引を維持しつつ、市場占有率拡大を目指す。
      • 2024年3月期セグメント利益8.8億円をクリアする。
      • MMSの公共分野での推進を強固に進める。
    2. 主要施策
      • 新たな製品を毎年提供。新たな形式で製品、サービスの提供
      • 販売店様とのパートナー体制の強化。
      • 訪問営業とオンライン営業を融合させたニューノーマルの構築。
      • 製品開発からリリースまでのサイクルの短縮化。
      • 公共分野でのMMS推進のパートナーとの連携強化。
    3. 業績目標推移
公共セグメント業績目標推移

モビリティセグメントのミッション

    1. 基本方針
      • 2025年に向けモビリティ業界での成長戦略を推進する。
      • 2024年3月期セグメント利益1億円をクリアする。
      • 2025年の自動運転サービス実用化を目指す。
    2. 主要施策
      • 自治体との連携で自動運転をビジネスとした収益獲得。
      • 自社製品、自社ソリューションを確立し収益性の向上。
      • 地図作成の生産性を向上させ、市場競争力の向上。
      • 三次元利活用プラットフォーマーとしての立場を確立。
      • モビリティ分野への研究開発を推進。
    3. 業績目標推移
モビリティセグメント業績目標推移

株主還元方針と配当政策

基本方針
株主様に対して、当社グループの経営成績に基づいた成果配分を安定的に実施。
配当政策
配当金については、毎期の経営成績、投資計画、内部留保の状況などを勘案し、連結配当性向30%以上を目標とし、安定的・継続的な配当を行うよう努める。
前中期経営計画期間における配当実績と新中期経営計画期間における配当計画
(単位:百万円)
2022年3月期2023年3月期2024年3月期
売上高 4,450 4,600 5,500
親会社株主に帰属する当期純利益 147 217 483
1株当たり配当金(円) 13 14 27
配当総額(百万万円) 72 78 150
連結配当性向(%) 49.0 35.8 31.0

資本政策

当社は、資本政策を考えるに際し、株主様共通の利益を目指すとともに、企業価値の向上に資するよう、取締役会において、その必要性、合理性を十分に検討し、適正な手続きを経て決定するとともに、株主の皆様に対して十分な説明を行うことを基本方針としております。

CONTACTお問い合わせ

総合受付窓口
0570-064457
受付時間 9:00~18:00
メールでのお問い合わせ