本文へ

 

準天頂衛星「みちびき」

15日財団法人衛星測位利用推進センター(以下SPAC)にて、第二回民間利用実証調整会議が開催されました。

準天頂衛星「みちびき」は順調に公的機関による技術実証が進められており、わたしたちの参加する民間利用実証も予定通り1月より開始さえることになります。民間利用実証は60を超えるテーマが予定されており、今月末には各テーマがSPACのサイトにて公開される予定となっています。当社もL1SAIF/LEXと2つの民間利用実証を予定しており、アプリケーションの開発や、機材調達、時期、場所の選定など本格的な準備に入りつつあります。来期にかけこの利用実証を行う事で、日本の位置情報衛星の活用方法や可能性を確かめていくこととなります。

元気な日本復活特別枠

2010年10月 1日

内閣官房副長官補室(政策コンテスト)「元気な日本復活特別枠」に、「準天頂衛星システム事業計画等宇宙の総合的利用の推進」(事業番号:1002/担当府省:内閣官房)が挙げられており、現在10/19締め切りのパブリックコメントの募集が行われています。

1.「準天頂衛星システム」事業計画策定:2号機以降の整備に係る事業か判断に必要な事業計画の策定

2.「衛星データの利用促進プラットホーム」事業計画策定:異なる地球観測衛星等から取得した複数の衛星データを利用し、利用しやすい形で提供するためのプラットホームを構築するための事業計画の策定

まだ事業計画策定の予算となっていますが、今後の推進のためには重要な事業となってきます。事業の概要や目的等は、政策コンテストのHPで見る事が出来ますので、興味のあるかたはパブリックコメントに応募してみては如何でしょうか。