本文へ

 

資料提供方法及びサーバシステム(特許第3942478号)

要約

【課題】
土地家屋等に関する資料を容易に、データベースに登録でき、互いに利用することができる資料提供方法及びサーバシステムを提供する。

【解決手段】
ユーザが排他的に利用可能な個人フォルダ13と、ユーザが共通して利用可能なデータベース17と、を備えたサーバシステム1を用い、資料ファイルを個人フォルダ13にアップロードするアップロードステップと、資料ファイルを個人フォルダ13からデータベース17に登録するデータベース登録ステップと、データベース17に登録されている資料ファイルを検索する検索ステップと、検索された資料ファイルの中から選択された資料ファイルをダウンロードするダウンロードステップと、を設ける。

【発明の詳細な説明】


【発明の属する技術分野】

【0001】
本発明は、インターネットを介して、土地家屋等に関する資料を提供するための資料提供方法及びサーバシステムに関し、特に、土地家屋調査士であるユーザが、業務に必要な資料を互いに提供し合うことができる資料提供方法及びサーバシステムに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、土地家屋調査士(以下、単に調査士とも言う。)が調査業務を行う場合には、調査地域周辺について他の調査士が法務局に提出した地積測量図等の資料を、法務局にて閲覧し、必要分を複写していた。また、境界を定めるのに重要な隣接地の実測測量図等、法務局に提出されない資料の場合は、その作成者の名前・住所等を調べて提供を依頼したりしていた。

【発明が解決しようとする課題】

【0003】
上記のように従来の方法では、調査士が法務局へ出向いたり、作成者の名前等を調べて提供を依頼したりしなければならないので、資料の収集に時間や手間がかかっていた。また、上記のような図面以外にも、測量業務により得られる現場写真や申請書等の資料は、その資料を作成した調査士が個々に所有しているだけなので、互いに利用し合うことができなかった。


【0004】
そこで、例えば、インターネットに接続されたデータベースに、各調査士が手持ちの資料を登録し、互いに利用できるようにすることが考えられるが、資料の登録の際に、インターネットを介した送受信が頻繁に発生するため、時間や手間がかかったり、大量の資料を登録する場合は、回線負荷が大きくなるため、回線の切断が発生したりして、登録が容易でないといった問題があった。


【0005】
この発明は、上述した問題を解決するものであり、土地家屋等に関する資料を容易にデータベースに登録でき、互いに利用することができる資料提供方法及びサーバシステムを提供することを目的とする。

【課題を解決するための手段】

【0006】
本発明の資料提供方法は、ユーザ側に設けられた複数のクライアント装置とインターネットを介して交信可能であって、各ユーザが共通して利用可能なデータベースと、前記各ユーザが排他的に利用可能な個人データ格納部と、を備えたサーバシステムを用いて、土地家屋等に関する資料を提供する方法であって、前記サーバシステムが、前記クライアント装置を介して、ユーザから資料ファイルのアップロード要求を受け付け、前記クライアント装置から、アップロードすべき資料ファイルと、前記アップロードすべき資料ファイルの属性情報と、を取得し、前記アップロード要求をしたユーザの前記個人データ格納部に格納するアップロードステップと、前記サーバシステムが、前記クライアント装置を介して、ユーザから資料ファイルの登録要求を受け付け、前記登録要求をしたユーザの前記個人データ格納部から、登録すべき資料ファイルを取得し、前記登録すべき資料ファイルの属性情報に基づいて、前記データベースに登録するデータベース登録ステップと、前記サーバシステムが、前記クライアント装置を介して、ユーザから資料ファイルの検索要求を受け付け、前記データベースに登録されている資料ファイルを検索し、検索された資料ファイルについての検索結果情報を、前記クライアント装置に送信する検索ステップと、前記サーバシステムが、前記クライアント装置を介して、ユーザから、前記検索された資料ファイルの中から選択された資料ファイルのダウンロード要求を受け付け、前記選択された資料ファイルを、前記クライアント装置に送信するダウンロードステップと、を有することを特徴とする。


【0007】
ここで、前記ダウンロードステップにおいて、前記サーバシステムが、予め前記クライアント装置を介してユーザから取得しておいた公開条件に基づいて、前記選択された資料ファイルが、前記ダウンロード要求をしたユーザに対して公開可能か否かを判断し、公開可能であるときのみ、当該資料ファイルを前記クライアント装置に送信し、少なくとも公開不可能であるときに、当該資料ファイルを前記データベースに登録したユーザについての情報を前記クライアント装置に表示可能とすることが好ましい。


【0008】
また、前記データベースには、前記クライアント装置において地図を表示するための地図情報が格納されており、前記サーバシステムが、資料ファイルに係る前記地図上の所在地に識別情報を表示するための情報を、取得するステップと、前記サーバシステムが、前記クライアント装置を介して、ユーザから地図検索要求を受け付け、前記識別情報を表示するための情報に基づいて、前記データベースに登録されている資料ファイルに係る前記地図上の所在地に前記識別情報が表示されるような前記地図情報を、前記クライアント装置に送信する地図検索ステップと、をさらに有することが好ましい。


【0009】
また、前記データベース登録ステップにおいて、前記登録すべき資料ファイルについて縮小表示可能なサムネイル情報を作成して、前記データベースに登録し、前記検索ステップにおいて、前記クライアント装置を介して、ユーザから、前記検索された資料ファイルのサムネイル情報の表示要求を受け付け、当該サムネイル情報を前記クライアント装置に送信することが好ましい。


【0010】
また、前記サーバシステムが、資料ファイルに対するサービスを行うサービス提供者のコンピュータと接続されており、前記サーバシステムが、前記クライアント装置を介して、ユーザからサービス要求を受け付け、サービスを受けるべき資料ファイルを、前記サービス要求をしたユーザの前記個人データ格納部から取得して、前記サービス提供者のコンピュータに送信し、サービスを受けた結果の資料ファイルを、前記サービス提供者のコンピュータから受信して、前記サービス要求をしたユーザの前記個人データ格納部に格納するアライアンスサービスステップを、さらに有することが好ましい。


【0011】
また、前記サーバシステムが、ユーザが属するグループに関するデータを格納するグループデータ格納部を備えるとともに、前記グループに属するユーザに対する課金を行うグループ管理者のコンピュータと接続され、前記サーバシステムが、前記グループに関するデータに基づいて、前記グループに属するユーザの課金情報を、前記個人データ格納部から取得して、前記グループ管理者のコンピュータに送信する課金ステップを、さらに有することが好ましい。


【0012】
本発明の方法は、各ユーザが共通して利用可能なデータベースと、前記各ユーザが排他的に利用可能な個人データ格納部と、を備えたサーバシステムに、インターネットを介して接続されたクライアント装置を用いて、土地家屋等に関する資料を提供し取得するための方法であって、前記クライアント装置が、前記サーバシステムにアップロードする資料ファイルを特定するための特定情報と、前記アップロードする資料ファイルに係る土地家屋等の所在地情報を含む属性情報と、を入力するためのアップロード用Webページを、前記サーバシステムから受信して表示し、入力された前記特定情報により特定される資料ファイルと、入力された前記属性情報とを、前記サーバシステムに送信して、前記クライアント装置のユーザの前記個人データ格納部へ格納させるアップロードステップと、前記クライアント装置が、前記クライアント装置のユーザの前記個人データ格納部に格納されている資料ファイルから、前記データベースに登録する資料ファイルを選択するための登録用Webページを、前記サーバシステムから受信して表示し、選択された前記登録する資料ファイルについての情報を前記サーバシステムに送信して、前記登録する資料ファイルを、少なくとも所在地についての条件による検索が可能なように、前記データベースに登録させるデータベース登録ステップと、前記クライアント装置が、前記データベースに登録されている資料ファイルの検索条件として、少なくとも所在地についての条件を入力できる検索用Webページを、前記サーバシステムから受信して表示し、入力された検索条件を前記サーバシステムに送信して前記データベースを検索させ、検索された資料ファイルについての検索結果情報を、前記サーバシステムから受信して表示する検索ステップと、前記クライアント装置が、前記検索された資料ファイルの中から選択されたダウンロードする資料ファイルについての情報を、前記サーバシステムに送信し、前記サーバシステムから前記ダウンロードする資料ファイルを受信するダウンロードステップと、を備えることを特徴とする。


【0013】
ここで、前記データベース登録ステップにおいて、前記登録用Webページが、前記登録する資料ファイルの公開条件をユーザに入力させるように構成され、前記クライアント装置が、入力された前記公開条件を前記サーバシステムに送信して記憶させ、前記ダウンロードステップにおいて、前記ダウンロードする資料ファイルを選択したユーザに対して当該資料ファイルが公開可能であるときのみ、前記クライアント装置が、前記サーバシステムから当該資料ファイルを受信し、公開不可能であるときは、前記クライアント装置が、公開不可能であることを示す通知を表示し、当該資料ファイルを前記データベースに登録したユーザについての情報を表示可能であることが好ましい。


【0014】
また、前記検索用Webページが、所在地名等のキーワードによる検索を要求できる一方、地名を入力することにより、当該地名で示される地域を含む地図を表示し、当該地図上で検索範囲を指定することにより、当該検索範囲に所在地が存在するような資料ファイルを検索させる地図検索を要求できるように構成されていることが好ましい。


【0015】
また、前記地図が、前記データベースに資料ファイルが登録されている区域を識別可能に構成されていることが好ましい。


【0016】
また、前記クライアント装置が、前記クライアント装置のユーザの前記個人データ格納部に格納されている資料ファイルから、サービスを受ける資料ファイルを選択し、さらに、受けるサービスを選択するためのサービス要求用Webページを、前記サーバシステムから受信して表示し、選択された前記サービスを受ける資料ファイル及び受けるサービスについての情報を、前記サーバシステムに送信し、前記サーバシステムからサービス提供者のコンピュータに前記サービスを受ける資料ファイルを送信させ、前記サービスを受けた結果の資料ファイルを、前記クライアント装置のユーザの前記個人データ格納部に格納させるアライアンスサービスステップを、さらに有することが好ましい。


【0017】
本発明のサーバシステムは、ユーザ側に設けられた複数のクライアント装置とインターネットを介して交信可能であって、各ユーザが共通して利用可能なデータベースと、前記各ユーザが排他的に利用可能な個人データ格納部と、を備え、土地家屋等に関する資料を提供するためのものであって、前記クライアント装置から、資料ファイルのアップロード要求を受信し、前記クライアント装置から、アップロードすべき資料ファイルと、前記アップロードすべき資料ファイルの属性情報と、を取得し、前記アップロード要求をしたユーザの前記個人データ格納部に格納するアップロード手段と、前記クライアント装置から、資料ファイルの登録要求を受信し、前記登録要求をしたユーザの前記個人データ格納部から、登録すべき資料ファイルを取得し、前記登録すべき資料ファイルの属性情報に基づいて、前記データベースに登録するデータベース登録手段と、前記クライアント装置から、資料ファイルの検索要求を受信し、前記データベースに登録されている資料ファイルを検索し、検索された資料ファイルについての検索結果情報を、前記クライアント装置に送信する検索手段と、前記クライアント装置から、前記検索された資料ファイルの中から選択された資料ファイルのダウンロード要求を受信し、前記選択された資料ファイルを、前記クライアント装置に送信するダウンロード手段と、を備えることを特徴とする。


【0018】
ここで、前記クライアント装置から、資料ファイルの公開条件を受信して記憶する公開条件取得手段をさらに有し、前記ダウンロード手段が、前記公開条件に基づいて、前記選択された資料ファイルが、前記ダウンロード要求をしたユーザに対して公開可能であるときのみ、当該資料ファイルを前記クライアント装置に送信することが好ましい。


【0019】
本発明のプログラムは、ユーザ側に設けられた複数のクライアント装置とインターネットを介して交信可能であって、各ユーザが共通して利用可能なデータベースと、前記各ユーザが排他的に利用可能な個人データ格納部と、を備えたサーバシステムを、前記クライアント装置から、資料ファイルのアップロード要求を受信し、前記クライアント装置から、アップロードすべき資料ファイルと、前記アップロードすべき資料ファイルの属性情報と、を取得し、前記アップロード要求をしたユーザの前記個人データ格納部に格納するアップロード手段、前記クライアント装置から、資料ファイルの登録要求を受信し、前記登録要求をしたユーザの前記個人データ格納部から、登録すべき資料ファイルを取得し、前記登録すべき資料ファイルの属性情報に基づいて、前記データベースに登録するデータベース登録手段、前記クライアント装置から、資料ファイルの検索要求を受信し、前記データベースに登録されている資料ファイルを検索し、検索された資料ファイルについての検索結果情報を、前記クライアント装置に送信する検索手段、前記クライアント装置から、前記検索された資料ファイルの中から選択された資料ファイルのダウンロード要求を受信し、前記選択された資料ファイルを、前記クライアント装置に送信するダウンロード手段、として機能させることを特徴とする。


【0020】
また、本発明のプログラムは、ユーザ側に設けられた複数のクライアント装置とインターネットを介して交信可能であって、各ユーザが共通して利用可能なデータベースと、前記各ユーザが排他的に利用可能な個人データ格納部と、を備えたサーバシステムを、前記クライアント装置から、資料ファイルのアップロード要求を受信し、前記クライアント装置から、アップロードすべき資料ファイルと、前記アップロードすべき資料ファイルの属性情報と、を取得し、前記アップロード要求をしたユーザの前記個人データ格納部に格納するアップロード手段、前記クライアント装置から、資料ファイルの登録要求を受信し、前記登録要求をしたユーザの前記個人データ格納部から、登録すべき資料ファイルを取得し、前記登録すべき資料ファイルの属性情報に基づいて、前記データベースに登録するデータベース登録手段、前記クライアント装置から、資料ファイルの公開条件を受信して記憶する公開条件取得手段、前記クライアント装置から、資料ファイルの検索要求を受信し、前記データベースに登録されている資料ファイルを検索し、検索された資料ファイルについての検索結果情報を、前記クライアント装置に送信する検索手段、前記クライアント装置から、前記検索された資料ファイルの中から選択された資料ファイルのダウンロード要求を受信し、前記公開条件に基づいて、前記選択された資料ファイルが、前記ダウンロード要求をしたユーザに対して公開可能であるときのみ、当該資料ファイルを前記クライアント装置に送信するダウンロード手段、として機能させることを特徴とする。


【0021】
なお、公開条件とは、非公開とする場合や、特定者のみに公開とする場合も含むものとする。


【0022】
また、選択とは、複数のものから1つを選択する場合のみならず、1つのものからその1つを選択する場合も含むものとする。

【発明の実施の形態】

【0023】
以下、本発明の一実施形態を図面に基づいて説明する。以下に説明する実施形態は、土地家屋調査士向けのシステムとして構成され、ユーザは土地家屋調査士である。また、資料とは、地積測量図、確定測量図、現場写真、申請書、申請図書、謄本、公図、換地図、土地所有者情報、引照点情報等、土地家屋調査士の業務に係る資料を言う。資料ファイル(以下、単にファイルとも言う)とは、資料をコンピュータで扱えるデータにして格納したファイルを言う。1.システム構成図1に示すように、サーバシステム1は、いずれもコンピュータである個人フォルダサーバ11と土地資料センターサーバ(以下、単にセンターサーバとも言う)12とを備えており、個人フォルダサーバ11とセンターサーバ12とは、互いに接続されている。また、個人フォルダサーバ11及びセンターサーバ12は、いずれも、ユーザ側に設けられた複数のクライアント装置2と、インターネットを介して接続されている。クライアント装置2は、パソコンであり、Webブラウザを備えている。


【0024】
個人フォルダサーバ11は、複数の個人フォルダ13と、1以上のグループフォルダ14と、を備えている。ここで、グループとは、ユーザを束ねる単位であり、例えば或る県の土地家屋調査士会の或る支部というように、任意に決められる。個人フォルダ13はユーザ毎に設けられ、各ユーザがそれぞれ自己の個人フォルダ13を排他的に利用可能とされている。この個人フォルダ13が、本発明の個人データ格納部に相当し、グループフォルダ14が、本発明のグループデータ格納部に相当する。


【0025】
また、個人フォルダサーバ11は、データ変換等の各種サービスを行う提携企業(アライアンス企業)側に設けられた1以上のコンピュータ3と接続され、また、課金管理等を行うグループ管理者側に設けられた1以上のコンピュータ4と接続されている。


【0026】
個人フォルダ13は、個人フォルダ属性テーブル(以下、単に属性テーブルとも言う)15を備えている。属性テーブル15には、個人フォルダ13のフォルダID、個人フォルダ13に格納されている各ファイルのファイル番号、実ファイル名、論理ファイル名、ファイルサイズ、作成日、作成者名、関連ファイル番号、ファイル状態、所在地名、地番、残地番、登録フラグ、課金フラグ、課金情報、備考等の属性情報が格納される。ここで、ファイル状態は、通常のファイル、圧縮ファイル、アライアンス企業による変換後のファイル等、ファイルの状態を表し、登録フラグは、データベース17に未登録か登録済か等、登録の状態を表し、課金フラグは、未課金か課金済か等、課金の状態を表すものである。


【0027】
グループフォルダ14は、グループフォルダテーブルを備えている。グループフォルダテーブルには、そのグループフォルダ14を使うグループのグループID、そのグループに属する各ユーザの個人フォルダ13のフォルダID、フォルダ名、フォルダサイズ、そのグループに対する課金情報、備考等が格納される。なお、前述のフォルダIDは、グループIDにユーザIDを付加したものである。


【0028】
センターサーバ12は、データベース17を備えており、データベース17には、クライアント装置2において地図を表示可能な地図情報が格納されている。


【0029】
そして、サーバシステム1には、例えば、Webページを表示するためのデータ(例えば、HTMLファイル)等の各種データ、及び、ファイルをアップロードするためのプログラムやデータベース17に登録するためのプログラム等の各種プログラムが記憶されており、これらにより、サーバシステム1は、アップロード手段、データベース登録手段、公開条件取得手段、検索手段、ダウンロード手段として、機能する。


【0030】
また、コンピュータ4は、課金情報テーブルを備えており、課金情報テーブルには、課金情報ID、アライアンス企業名、サービス名、単価等が格納されている。2.動作説明次に、サーバシステム1の動作について説明する。ここでは、まず、個人フォルダ13へファイルをアップロードするアップロードステップ、個人フォルダ13からデータベース17へファイルを登録するデータベース登録ステップ、データベース17からファイルを検索してダウンロードする検索ステップ及びダウンロードステップについて説明した後、個人フォルダ13に格納されているファイルのデータ変換等を行うアライアンスサービスステップ、課金管理を行う課金管理ステップについて説明する。


【0031】
(1) アップロードステップ(図2参照)ユーザがクライアント装置2(図1の例ではクライアント装置2a)においてサーバシステム1にアクセスし、ユーザID、パスワード等を入力すると、サーバシステム1はクライアント装置2に、土地資料センターボタン21、個人フォルダボタン22等(図9参照)がクリック可能に設けられたホームページ(図示せず)を送信する。


【0032】
ユーザがホームページ上の個人フォルダボタン22をクリックすると、クライアント装置2はサーバシステム1に個人フォルダページを要求する(図2のS01)。サーバシステム1は、入力されたユーザIDに対応するフォルダIDをキーとして、属性テーブル15を検索し、そのユーザの個人フォルダ13に格納されているファイルの属性情報を取得して、個人フォルダページをクライアント装置2に送信する(S02)。


【0033】
クライアント装置2には、図9に示すように、個人フォルダページが表示される(S03)。個人フォルダページには、そのユーザの個人フォルダに格納されているファイルの属性情報のうち、ファイル名(実ファイル名)、名前(論理ファイル名)、登録日(資料の作成日)、未登録か登録済かの状態、所在地名、地番が一覧表示される。


【0034】
ユーザが新規作成ボタン24をクリックすると、クライアント装置2はサーバシステム1に新規作成ページを要求し(S04)、サーバシステム1は新規作成ページをクライアント装置2に送信し(S05)、クライアント装置2には、図10に示すように、新規作成ページが表示される(S06)。この新規作成ページがアップロード用Webページに相当する。


【0035】
新規作成ページには、実ファイル名、論理ファイル名、作成年月日、作成者、所在、地番、残地番、備考、資料種別の各入力欄が設けられており、ユーザは、これらの入力欄に、個人フォルダ13に格納するファイルの属性情報を入力する。すなわち、論理ファイル名、実ファイル名、作成年月日、作成者名、所在地名、地番、残地番、備考、資料種別を入力する。


【0036】
ここで、所在地名及び地番(これらが、所在地情報となる)は、ファイルに格納されている資料に係る土地家屋等の所在地名及び地番(以下、登録地番とも言う)であり、例えば、或る土地の地積測量図を格納したファイルであれば、その土地の所在地名及び地番となる。また、残地番とは、登録地番に隣接した土地の地番であり、残地番を入力しておくことにより、データベース17にファイルを登録した際に、残地番で検索することが可能となる。例えば、登録地番が「4-18」のファイルをアップロードするときに、残地番に「4-17」、「4-19」を入力しておき、そのファイルをデータベース17に登録するとする。すると、登録地番「4-17」のファイルを検索する際に、地番及び残地番の両方に「4-17」を検索キーとして入力して検索すれば、登録地番が「4-17」のファイルのみならず、登録地番が「4-18」のファイルも(残地番が「4-17」なので)検索される。すなわち、境界を定めるために重要な隣接地域のファイルも、同時に検索できることとなる。


【0037】
また、論理ファイル名を入力する際に、ユーザが参照ボタン32をクリックすれば、クライアント装置2に格納されているファイルの一覧が表示され、その一覧から選択することにより、論理ファイル名が入力される。


【0038】
また、資料種別とは、ファイルに格納されている資料の種別であり、地積測量図、公図等が選択入力できる。


【0039】
また、新規作成ページには、地図情報入力ボタン33が設けられており、ユーザが、この地図情報入力ボタン33をクリックすると、クライアント装置2には、入力された所在地名及び地番で示される地域を含む地図が表示される。ユーザは、マウス操作により、アップロードするファイルに係る地図上の所在地(すなわち、そのファイルに格納されている資料に係る土地家屋等の所在地)に、ファイルの存在を示す識別情報を作成する。


【0040】
ここで、識別情報として、本実施形態では、所在地を線で囲み、斜線、色等を付加したもの(以下、ポリゴンと言う)を作成し得る。このポリゴンは、例えば、地積測量図であれば緑の斜線入り、土地所有者情報であれば赤の斜線入り等、資料種別に応じて異なるものが作成され、また、同一所在地に重ねて複数種のポリゴンを作成し得る。なお、本実施形態では、例えば公図等、資料種別によっては、ユーザが識別情報を作成できないものもある。


【0041】
ユーザが登録ボタン31をクリックすると、クライアント装置2は、入力された情報をサーバシステム1に送信して、アップロードを要求し(S07)、論理ファイル名により特定されるファイルをアップロードすべきファイルとして、サーバシステム1に送信する。すなわち、論理ファイル名が、アップロードするファイルを特定する特定情報となる。なお、ファイルを送信すると言う場合、実際には、ファイルの内容をコピーすることとなり、送信元のファイルは残存している。ファイルを格納する又は登録すると言う場合も同様である。また、クライアント装置2は、ユーザが作成したポリゴンに関する情報(座標値等、ポリゴンを表示するための情報を含む)も、サーバシステム1に送信する。


【0042】
サーバシステム1は、クライアント装置2から送信されたファイルを、そのユーザの個人フォルダ13に格納し、属性情報を属性テーブル15に格納する(S08)。ファイル番号等、送信された属性情報に含まれていない情報については、サーバシステム1が生成する。また、サーバシステム1は、送信されたポリゴンに関する情報も、送信されたファイルに関連付けて記憶しておく。


【0043】
ユーザが再び個人フォルダページを要求して表示させると(S09〜S11)、個人フォルダページには、図11に示すように、新規に個人フォルダ13に格納されたファイルの属性情報を表示する行26が追加されている。


【0044】
(2) データベース登録ステップ(図3参照)ユーザが、上記アップロードステップと同様に、個人フォルダページをクライアント装置2に表示させ(図3のS21〜S23)、登録しようとするファイルの情報が表示された行26のチェックボックス27e(図11参照)にチェックを入力し、登録ボタン28をクリックすると、クライアント装置2には、公開条件を指定するためのボックスが表示される。このボックスは図示しないが、図21の地積測量図登録ボックス71の下部と同様である。


【0045】
このボックスにおいて、ユーザが、サムネイル情報とファイルの内容のそれぞれについて、非公開、公開、指定ユーザ(すなわち、指定ユーザにのみ公開)、のいずれかを指定し、ボックス上のOKボタンをクリックすると、クライアント装置2は、チェックが入力されたファイルの属性情報、及び、入力された公開条件をサーバシステム1に送信して、ファイルの登録を要求する(S24)。すなわち、個人フォルダページは、登録用Webページに相当する。なお、「指定ユーザ」を指定した場合は、クライアント装置2に指定ユーザを入力するためのボックス(図示せず)が表示されるので、ユーザは、そのボックスにおいて、公開可能なユーザを指定する。


【0046】
サーバシステム1は、送信された属性情報に基づいて、そのユーザの個人フォルダ13から登録すべきファイルを取得し、所在地名、地番、作成者名、作成日による検索が可能なように、データベース17に登録(格納)するとともに、そのファイルの公開条件を登録する(S25)。


【0047】
データベース17へのファイルの登録について、図12を用いて説明する。データベース17は、データベース属性テーブル18を備えており、データベース属性テーブル18には、データベース17に登録されている各ファイルの所在地名、地番、作成者名、作成日を含む属性情報が格納されている。サーバシステム1は、送信された属性情報の所在地名、地番に該当する属性情報がデータベース属性テーブル18中にあれば、その該当する属性情報に、送信された属性情報を追加し、該当するものがなければ、送信された属性情報を新規の属性情報としてデータベース属性テーブル18に登録する。そして、ファイルをデータベース17に登録し、そのファイル名をデータベース属性テーブル18中の対応する属性情報に関連付けて登録する。


【0048】
また、サーバシステム1は、登録するファイルの内容を縮小表示可能なサムネイル情報を生成し、登録するファイルと関連付けてデータベース17に登録するとともに、そのサムネイル情報の公開条件も登録する。


【0049】
また、サーバシステム1は、登録するファイルのポリゴンに関する情報をクライアント装置2から取得し、記憶しておく。


【0050】
(3) 検索ステップ(図4図5参照)ユーザ(このユーザは、上記アップロード及びデータベース17への登録を行ったユーザとは異なるユーザでもよい)が、クライアント装置2(図1の例ではクライアント装置2b)においてサーバシステム1にアクセスし、ユーザID、パスワード等を入力すると、サーバシステム1はクライアント装置2に、上記したホームページを送信する。


【0051】
ユーザがホームページ上の土地資料センターボタン21をクリックすると、クライアント装置2はサーバシステム1に土地資料センターページ(以下、単にセンターページと言う)を要求する(図4のS31)。すると、サーバシステム1は、センターページをクライアント装置2に送信し(S32)、クライアント装置2には、センターページが表示される。そして、図13に示すように、ユーザがセンターページに設けられた検索ボタン41をクリックすると、センターページ上に検索ボックス42が表示される(S33)。ユーザは、この検索ボックス42を用いて、以下のようにキーワード検索又は地図検索ができる。すなわち、センターページは、検索用Webページに相当する。


【0052】
キーワード検索ユーザが、キーワード検索を選択し、キーワードとして所在地名(図13の例では、名古屋市中区×3丁目)及び作成日の範囲(図13の例では平成14年2月1日〜28日)を入力して、OKボタン43をクリックすると、クライアント装置2は、入力されたキーワードをサーバシステム1に送信して、キーワード検索を要求する(S34)。サーバシステム1は、受信したキーワードに基づいてデータベース17を検索し、該当するファイルについて一覧表示する検索結果情報を生成し、クライアント装置2に送信する(S35)。


【0053】
クライアント装置2には、図14に示すような検索結果ボックス51が表示され、検索結果情報(検索結果一覧)として、所在地名、地番、作成日、作成者、残地番、登録ファイル(データベース17に登録されているファイル)の有無が、表示される(S36)。


【0054】
地図検索(図5参照)ユーザが、センターページ上の検索ボックス42において地図検索を選択し、地名として、都道府県名、市郡町村名、字丁目を入力して、OKボタン43をクリックすると、クライアント装置2は、入力された地名をサーバシステム1に送信して、地図検索を要求する(図5のS51)。


【0055】
サーバシステム1は、送信された地名に基づいて、その地名で示される地域を含む地図を表示可能な地図情報を、データベース17から検索して、クライアント装置2に送信する(S52)。これにより、クライアント装置2には、図15に示すように地図が表示される(S53)。この地図には、他のユーザが登録したものも含めて、登録ファイルの存在を表すポリゴンが表示されている。


【0056】
ユーザが、マウス操作により表示される枠40で検索範囲を囲み、一覧表示ボタン50をクリックすると、クライアント装置2はサーバシステム1に検索範囲についての情報を送信する(S54)。サーバシステム1は、受信した情報に基づいて、その検索範囲に入る地域について登録されているファイルの属性情報を、データベース17から読み出し、検索結果情報(検索結果一覧)をクライアント装置2に送信する(S55)。クライアント装置2には、送信された検索結果一覧が、検索結果ボックス51に表示される(S56)。


【0057】
地図表示なお、ユーザは、特にキーワード検索した場合など、検索されたファイルに係る所在地を地図で確認したい場合には、検索結果一覧が表示された際に、検索結果ボックス51において行52を選択し、地図表示ボタン55をクリックする。すると、クライアント装置2は、選択された行52の所在地名及び地番で示される地域を含む地図(図14の例では、名古屋市中区×3丁目4-18を含む地図)の表示を、サーバシステム1に要求する(図4のS361)。サーバシステム1は、送信された情報に基づいて、その地図を表示可能な地図情報をクライアント装置2に送信し(S362)、クライアント装置2には地図が表示される(S363)。この地図には、他のユーザが登録したものも含めて、登録ファイルの存在を表すポリゴンが表示される(図15参照)。


【0058】
サムネイル表示ユーザが、キーワード検索又は地図検索によって表示された検索結果一覧において、行52をクリックにより選択し、サムネイルボタン53をクリックすると、クライアント装置2は、選択された行52の情報をサーバシステム1に送信し、サムネイルの表示を要求する(図4のS37)。


【0059】
サーバシステム1は、送信された情報に基づいて、その所在地名、地番、作成者、作成日に対して関連付けられている登録ファイルのサムネイル情報を読み出し、クライアント装置2に送信する(S38)。関連付けられている登録ファイルが複数あれば、クライアント装置2には、図16に示すように、サムネイル情報が複数表示される(S39)。


【0060】
(4) ダウンロードステップ(図4参照)ユーザが、図16に示すサムネイル情報から、例えば「現場写真」をクリックにより選択し、ダウンロードボタン54をクリックすると、クライアント装置2は、選択された登録ファイルのダウンロードをサーバシステム1に要求する(S40)。サーバシステム1は、その登録ファイルの公開条件を参照し、そのファイルがダウンロードを要求したユーザに公開可能であれば、そのファイルをクライアント装置2に送信し(S41)、クライアント装置2はそのファイルを受信する(S42)。これにより、ユーザは現場写真を取得できる。


【0061】
また、サーバシステム1は、そのファイルがダウンロードを要求したユーザに公開不可能であれば、公開されていない旨のメッセージをクライアント装置2に表示する。かかる場合、ユーザがユーザ情報ボタン56をクリックすれば、そのファイルをデータベースに登録したユーザ(以下、登録ユーザとも言う)についての情報が表示されるので、ユーザは、登録ユーザに直接連絡を取って、資料の提供を依頼することができる。なお、登録ユーザについての情報は、登録ユーザに連絡を取れるような情報であればよく、氏名、住所の他、電話番号やメールアドレスであってもよい。


【0062】
(5) アライアンスサービスステップ(図6図7参照)ユーザが、上記アップロードステップと同様に、図9に示すような個人フォルダページをクライアント装置2に表示させ(図6のS61〜S63)、サービスを受けさせるファイルを選択するため、チェックボックス27c、27dにチェックを入力し、アライアンスボタン23をクリックすると、クライアント装置2はサーバシステム1にアライアンスサービスページ(以下、単にサービスページとも言う)を要求し(S64)、サーバシステム1はクライアント装置2にサービスページを送信する(S65)。


【0063】
クライアント装置2には、図17に示すように、サービスページが表示され、選択されたファイルのファイル名が表示されている(S66)。サービスページには、サービス選択欄61が設けられ、右端の逆三角ボタンをクリックすることにより、プルダウンメニューが表示されるので、ユーザはそのメニューから、受けたいサービスの社名及びサービス名を選択する。なお、ユーザは、サービスページに設けられた要望事項欄62に、アライアンス企業に対する要望を入力することができる。ユーザが、サービスページ上の登録ボタン63をクリックすると、クライアント装置2は、入力された情報をサーバシステム1に送信し、アライアンスサービスへの登録を要求する(S67)。すなわち、サービスを受けるファイルを選択するための個人フォルダページ、及び、受けるサービスを選択するためのサービスページの両方により、サービス要求用Webページが構成されている。


【0064】
サーバシステム1は、受信した情報に基づいて、選択されたアライアンス企業のコンピュータ3に、選択されたサービス名、選択されたファイル及びそのファイル情報、要望事項等を送信するとともに、アライアンス企業に対して通知を行い、アライアンス企業側に設けられたフォルダへ登録させる。そして、選択されたファイルについて、属性テーブル15内の情報を更新する。すなわち、課金フラグを1(変換要求)とし、課金情報として、選択したサービスの課金情報IDを格納する(S68)。


【0065】
サーバシステム1は、アライアンス企業へのファイルの登録が完了すると、クライアント装置2に登録完了メッセージを送信し(S69)、クライアント装置2には、図18に示すようにメッセージが表示される(S70)。


【0066】
アライアンス企業のコンピュータ3は、フォルダへ登録されたファイルに対して、データ変換等、選択されたサービスを行った後、変換後のファイルを個人フォルダ13に格納する。すなわち、コンピュータ3において、オペレータがサーバシステム1にアクセスし、アライアンスID、パスワードを入力して、個人フォルダ登録ページを要求すると(図7のS71)、サーバシステム1はコンピュータ3に個人フォルダ登録ページを送信し(S72)、コンピュータ3には、図19に示すような個人フォルダ登録ページが表示される(S73)。


【0067】
オペレータが、個人フォルダ登録ページにおいて、登録先(格納先)のフォルダ、属性情報、課金情報、格納しようとするファイル等について指定し、登録ボタン(図示せず)をクリックすると、コンピュータ3は、指定された情報及びファイルをサーバシステム1に送信し、個人フォルダ13への登録(格納)を要求する(S74)。


【0068】
サーバシステム1は、送信された情報に基づいて、送信されたファイルを個人フォルダ13に格納し、属性テーブル15中のそのファイルの属性情報を更新する(S75)。すなわち、ファイル状態を2(変換直後のファイル)とし、課金フラグを2(未課金)とする。なお、課金情報には、選択されたサービスの課金情報IDが格納されている。


【0069】
そして、サービスを要求したユーザから、クライアント装置2を介して個人フォルダページが要求されたとき(S76)、個人フォルダページにサービス完了メッセージを付加して送信し(S77)、個人フォルダページには、図20に示すようなメッセージが表示される(S78)。サーバシステム1は、サービス完了メッセージ表示後、属性テーブル15中のファイル状態を3(変換ファイル)とする。


【0070】
(6) 課金ステップ(図8参照)グループ管理者のコンピュータ4は、定期的に、サーバシステム1に課金情報を要求する(図8のS81)。サーバシステム1は、グループフォルダ14を参照して、そのグループに属する各ユーザの属性テーブル15から、未課金の課金情報を収集し、コンピュータ4に送信する(S82)。コンピュータ4は、課金情報を受信して(S83)、費用を算出し一覧表示する(S84)。


【0071】
各ユーザに対する課金後、コンピュータ4は、課金済み情報をサーバシステム1に送信し(S85)、サーバシステム1は、受信した課金済み情報に基づいて、属性テーブル15中の課金フラグを課金済に変更する(S86)。3.個人フォルダを経由しない登録等上記したように、ユーザは、個人フォルダ13に格納した資料ファイルをデータベース17に登録することができるが、本実施形態では、以下に説明するように、個人フォルダを経由せずに、直接、地積測量図、公図、引照点、土地所有者情報を、データベース17に登録することもできる。また、サーバシステム1側で登録した換地図を取得することもできる。


【0072】
(1) 地積測量図ユーザは、地積測量図が格納されたファイルを直接登録したい場合、センターページにおいて、地積測量図ボタン44(図22参照)をクリックし、登録ボタン45をクリックする。すると、図21に示すような地積測量図登録ボックス71が表示される。


【0073】
ユーザは、地積測量図登録ボックス71において、登録するファイルに係る所在地名、地番、作成者名、作成日、残地番を入力する。また、参照ボタン72をクリックすると、登録するファイルを指定することができる。そして、ユーザは、サムネイル情報及び実際のファイルの公開条件を指定する。ここで、図21中、地積測量図情報とはサムネイル情報であり、地積測量図ファイルとは実際のファイルである。なお、実際のファイルのみならず、サムネイル情報の公開条件を指定できることとしたのは、ファイルの内容によっては、サムネイル情報であっても内容がわかってしまうことがあり、実際のファイルのみならずサムネイル情報も非公開としなければならない場合があるからである。


【0074】
ユーザが、地図情報入力ボタン73をクリックすると、アップロードステップにおける新規作成ページと同様に、登録するファイルに係る所在地を含む地図が表示されるので、ユーザは、地図上の所在地にポリゴンを作成する。


【0075】
ユーザがOKボタン74をクリックすると、クライアント装置2は、入力された情報及び指定されたファイルをサーバシステム1に送信し、データベース17への登録を要求する。サーバシステム1は、上記データベース登録ステップと同様にして、送信されたファイル及びその情報をデータベース17に登録する。


【0076】
(2) 公図公図とは、行政区単位で作成され、法務局に備え付けられている図面であり、謄本地番等が記載されている。ユーザは、公図が格納されたファイルを直接登録したい場合、図22に示すように、センターページにおいて、公図登録ボタン46をクリックする。すると、公図登録ボックス75が表示されるので、ユーザは、登録名称、登録するファイルのファイル名、登録する公図に係る都道府県名及び市郡町村名を入力し、OKボタン76をクリックする。すると、クライアント装置2は、入力された情報及び指定されたファイルをサーバシステム1に送信し、サーバシステム1は、送信されたファイル及びその情報をデータベース17に登録する。


【0077】
登録された公図は、データベース17に予め格納されている地図情報によって表示される地図(この地図は、街区・住所地図である)に、重ねて表示される。したがって、ユーザは、土地謄本簿に記載されている謄本地番からの検索が容易になる。


【0078】
(3) 引照点引照点とは、土地の測量に伴う基準点である。ユーザは、引照点を登録したい場合、図23に示すように、センターページにおいて、地図検索によって、引照点を登録したい地点を含む地図を表示させておき、引照点ボタン47をクリックする。すると、マウスポインタの先にピンが表示されるので、ユーザは、そのピンを地図上の登録したい地点に配置して、登録ボタン46をクリックする。すると、引照点情報登録ボックス77が表示される。


【0079】
この引照点情報登録ボックス77において、座標値には、ピンが配置された地点の座標値が表示される。なお、この座標値は、サーバシステム1が予め有している座標系による座標値である。ユーザは、任意の座標系による座標値を、任意座標値として入力することができる。また、ユーザは、引照点名、設定年月日、設定者名、構造物名称、所在地名、公開条件について、入力する。そして、OKボタン78をクリックすると、クライアント装置2は、入力された情報をサーバシステム1に送信し、サーバシステム1は、送信された情報をデータベース17に登録する。


【0080】
一方、ユーザがクライアント装置2において地図を表示させると、他のユーザが登録したものも含めて、地図上の引照点の登録地点に、ピンの形状で引照点が表示される。ユーザが、地図上に表示された引照点をクリックすると、そのユーザに対してその引照点情報が公開可能であれば、引照点情報登録ボックス77と同様の引照点情報参照ボックス(図示せず)が表示され、クリックされた引照点の座標値、引照点名、設定者名等が表示される。


【0081】
(4) 土地所有者情報ユーザは、土地の所有者についての情報を登録したい場合、センターページにおいて、地図検索によって、土地所有者情報を登録したい土地を含む地図を表示させておき、土地所有者情報ボタン48をクリックする。すると、ユーザは、マウス操作により、地図上に土地所有者情報の存在を示すポリゴンを作成することができる。そして、ユーザが登録ボタン45をクリックすると、図24に示すように、土地所有者情報登録ボックス81が表示される。


【0082】
ユーザは、土地所有者情報登録ボックス81において、土地所有者の氏名、土地所有者の住所、地番、土地所有者の電話番号、登記簿番号を入力する。また、参照ボタン83をクリックすると、登録する登記簿ファイルを指定することができる。また、ユーザは、土地所有者情報及び登記簿ファイルの公開条件を指定する。そして、OKボタン82をクリックすると、クライアント装置2は、入力された情報及び指定された登記簿ファイルをサーバシステム1に送信し、データベース17への登録を要求する。サーバシステム1は、送信された情報及び登記簿ファイルをデータベース17に登録する。


【0083】
一方、ユーザがクライアント装置2において地図を表示させると、他のユーザが登録したものも含めて、土地所有者情報が登録された地図上の土地には、土地所有者情報の存在を示すポリゴンが表示される。ユーザが、そのポリゴンをクリックすると、そのユーザに対してその土地所有者情報が公開可能であれば、土地所有者情報登録ボックス81と同様の土地所有者情報参照ボックス(図示せず)が表示され、クリックされた土地の所有者の氏名、住所等が表示される。


【0084】
(5) 換地図換地図は、サーバシステム1側で予め取得し、データベース17に登録しておく。ユーザは、換地図を取得したい場合、図25に示すように、センターページにおいて、取得したい換地図に係る所在地を含む地図を表示させ、換地図ボタン49をクリックする。すると、地図上に換地図のポリゴンが表示される。ユーザがこのポリゴンをクリックすると、換地図取得ボックス79が表示される。ユーザが、「はい」ボタン80をクリックすると、換地図がクライアント装置2にダウンロードされる。4.本実施形態の効果本実施形態では、個人フォルダ13に一旦格納された資料ファイルを、同じサーバシステム1内のデータベース17に登録するので、登録の際には、インターネットを介したファイルの転送は不要であり、ユーザの回線負荷を軽減し、回線切断等のトラブルを回避することができる。また、登録するファイルを複数選択すれば、複数のファイルの登録を一度に行うこともできる。


【0085】
また、ユーザが、登録するファイルを選択して登録ボタン28をクリックし、公開条件を入力するだけで、サーバシステム1が、自動的に資料ファイルをデータベース17に登録するので、ユーザは、例えば、地図をクライアント装置2に表示させておいて、その地図上の所在地と登録ファイルとを結びつけてデータベース17に登録する等の煩雑な手順を経ることなく、また、インターネットを介した送受信を頻繁に行う必要なく、容易に登録を行うことができる。


【0086】
また、個人フォルダ13は排他的に使用できるので、ユーザはバックアップ用に個人フォルダ13を使用することができる。そして、バックアップ用に取っておいた資料ファイルの中から複数を選んで、一度にデータベースへ登録するといった使い方ができる。


【0087】
また、ファイルやサムネイル情報の公開条件を指定できるので、ユーザは、不特定の者には公開したくないようなファイルの登録も安心して行うことができ、ファイルの登録を促すことができる。そして、非公開とされたファイルの場合にも、サムネイル情報が公開されていればその概略を知ることができるので、ユーザは他のユーザがどのような資料を持っているかを知ることができ、必要に応じて提供を依頼することができる。さらに、ユーザは、画面上で、ファイルを登録したユーザに連絡を取り得るような情報を見ることができるので、資料の提供依頼を容易に行うことができる。


【0088】
また、データベース17に登録されたファイルは、ユーザからのダウンロード要求に応じて、そのダウンロード要求をしたユーザが、そのファイルを登録したユーザとは異なっていても、そのダウンロード要求をしたユーザに対して公開可能であれば、ダウンロードされる。すなわち、各ユーザは互いに資料ファイルを利用し合うことができるので、法務局へ出向く等の必要がなくなり、業務に必要な資料を容易に得られることになる。そして、法務局へ提出されない例えば実測測量図等の資料についても、データベース17に登録し公開することにより、ユーザ間で共有することができる。


【0089】
また、データベース17に格納されている地図情報に基づいてクライアント装置2に表示される地図には、登録ファイルの存在を示すポリゴンが、その登録ファイルに係る地図上の所在地に表示されるので、ユーザは、調査しようとする土地やその隣接地に、登録ファイルが存在しているか否かを、容易に視認することができる。そして、登録ファイルの資料種別に応じて異なる種類のポリゴンが表示されるので、ユーザは、どの種類の資料ファイルが登録されているかを容易に知ることができる。また、登録ファイルの所在地の境界に沿ってポリゴンの作成をすれば、境界が定まっているか否かを一目で知ることができる。


【0090】
また、地図上で検索範囲を指定することにより、その検索範囲に所在地が存在するような登録ファイルを検索できるので、ユーザは、地図上で検索範囲を視認しながら検索を行うことができる。


【0091】
また、ユーザは、自分で資料ファイルを転送することなく、アライアンス企業のサービスを受けることができるので、回線負荷を軽減し、容易にサービスを受けることができる。そして、サービスを受けた結果のファイルは、再び、個人フォルダ13に格納されるので、ユーザは、例えば、個人フォルダ13にアップロードした資料ファイルに対して、データ変換等必要なサービスを受けてから、データベース17に登録するといった使い方ができる。


【0092】
また、グループ管理者は、グループフォルダ14を利用して課金情報を取得することにより、グループに含まれるユーザの課金管理を容易にかつ一元的に行うことができる。


【0093】
また、地積測量図等の特に利用頻度の高い資料の場合、個人フォルダ13を経ることなく直接データベース17に登録することもできる。すなわち、ユーザは、個人フォルダ13を経由する登録、直接登録、のいずれか便利な方で資料ファイルを登録することができるので、利用頻度の高い資料の登録を促すことができる。また、引照点を直接登録できるので、復元測量や隣接地の測量等に、他のユーザが登録した引照点を利用することができる。5.他の実施形態上記実施形態では、ユーザに地図上でポリゴンを作成させたが、ポリゴンを作成するために必要な座標値を、サーバシステム1が、所在地名から座標値への変換サービスを行うアライアンス企業のコンピュータ3に、所在地名を送信することにより取得し、サーバシステム1が自動的にポリゴンを作成することとしてもよい。また、サーバシステム1に、所在地名から座標値に変換する変換テーブルを設けて、自動的にポリゴンを作成することとしてもよい。また、ユーザが座標値を入力することにより、サーバシステム1がポリゴンを自動作成することとしてもよい。また、ポリゴンの作成を、ファイルのアップロード時ではなく、データベース17への登録時に行うこととしてもよい。


【0094】
また、引照点や土地所有者情報以外にも、地図上のピンやポリゴンをクリックすることにより、資料ファイルを登録したユーザの情報等が表示されるようにしてもよい。


【0095】
また、上記実施形態においては、地積測量図、土地所有者情報等の識別情報をポリゴンとしたが、ポリゴンではなくピンとしてもよい。


【0096】
また、識別情報として、ポリゴンやピン以外のものを用いてもよい。


【0097】
また、上記実施形態では、ユーザに公開条件を指定させたが、データベース17に登録されるファイルは、すべて公開可能とし、公開条件の指定を無くしてもよい。


【0098】
また、サムネイル情報を表示させることなく、検索結果一覧から直接ダウンロードする資料を選択してダウンロードできるように構成してもよい。


【0099】
また、画面の構成も上記したものに限られず、上記したアップロード用Webページ等を複数のページで構成したり、あるいは、上記のように2つのページから構成されるサービス要求用Webページを単数のページとする等、種々の構成が可能である。


【0100】
また、ハードウェア構成、処理の流れ等も、上記実施形態に限られるものでないことは勿論である。例えば、処理負担を分散させるため、サーバシステム1を構成するサーバを増やしてもよい。また、土地家屋調査士用のシステム以外にも勿論適用可能である。すなわち、特許請求の範囲を逸脱しない範囲で、種々の構成やアルゴリズムを取り得る。


【発明の効果】

【0101】
本発明によれば、各ユーザが排他的に利用可能な個人データ格納部に、一旦、資料ファイルをアップロードした後、各ユーザが共通して利用可能なデータベースに資料ファイルを登録する。そして、データベースに登録されている資料ファイルを検索し、ダウンロードする。


【0102】
すなわち、データベースへの登録の際には、インターネットを介したファイルの転送は不要であるので、回線負荷を軽減し、容易に登録を行うことができる。また、アップロードの際に取得しておいた属性情報に基づいて登録するので、インターネットを介した送受信を頻繁に行う必要がなくなり、容易に登録を行うことができる。そして、データベースに登録された資料ファイルを、各ユーザが互いに利用し合うことができるので、業務に必要な資料を容易に得られる。


【0103】
また、個人データ格納部は排他的に使用できるので、ユーザは個人データ格納部をバックアップ用に使用することができる。そして、個人データ格納部に格納しておいたバックアップ用資料ファイルを、共有の資料ファイルとするために、後で一度にデータベースへ登録するといった使い方ができる。


【0104】
また、資料ファイルの公開条件をユーザから取得しておき、ダウンロードが要求された資料ファイルがダウンロードを要求したユーザに公開可能であるときのみ、その資料ファイルを送信することとすれば、ユーザは、データベースに登録する資料ファイルを非公開としたり、特定の者のみに公開とすることができるので、不特定の者に公開したくないようなファイルの登録も促すことができる。そして、資料ファイルが非公開とされた場合に、その資料ファイルを登録したユーザについての情報を表示可能とすれば、非公開とされた資料ファイルを得たいユーザは、その資料ファイルを登録したユーザへの提供依頼を容易に行うことができる。


【0105】
また、データベースに、クライアント装置において地図を表示するための地図情報を格納し、ユーザからの地図検索要求に応じて、登録ファイルに係る地図上の所在地に識別情報が表示されるように、検索された地図情報をクライアント装置に送信することとすれば、ユーザは、調査しようとする土地やその隣接地に、登録ファイルが存在しているか否かを地図上で視認することができる。


【0106】
また、資料ファイルについて縮小表示可能なサムネイル情報を作成し、ユーザからの表示要求に応じて、サムネイル情報をクライアント装置に送信することとすれば、ユーザは資料ファイルに格納されている資料の概略を視認することができ、ダウンロードするか否か等の決定に役立てることができる。


【0107】
また、ユーザからのサービス要求に応じて、個人データ格納部からサービス提供者のコンピュータに資料ファイルを送信し、サービスを受けた結果の資料ファイルを個人データ格納部に格納することとすれば、ユーザは自分で資料ファイルをサービス提供者のコンピュータに送信する必要がなく、ユーザの回線負荷を軽減し、容易にサービスを受けることができる。


【0108】
また、グループ管理者のコンピュータに、グループに属するユーザの課金情報を送信することとすれば、グループ管理者が、グループに含まれるユーザの課金管理を容易にかつ一元的に行うことができる。


【0109】
また、地図上で検索範囲を指定することにより、その検索範囲に所在地が存在するような資料ファイルが検索されることとすれば、ユーザは、地図上で検索範囲を視認しながら、資料ファイルの検索を行うことができる。


【0110】
また、クライアント装置に表示される地図が、資料ファイルが登録されている区域を識別可能に構成されることとすれば、ユーザは、調査しようとする土地やその隣接地に、登録ファイルが存在しているか否かを地図上で視認することができる。