本文へ

 

WingNeo(ウィングネオ)

路線・縦横断・設計支援

線形データから縦断・横断までの強力なデータ連携で、現況から計画までをトータルにサポートします。

線形CAD クライアントオプション

IP法、IA法、要素法、片押法に対応。単曲線やヘアピン、ループ、卵形クロソイドなどの曲線計算が可能です。また、線形データを入力すると仮計算が行われ、追加距離や接線方向角と共に、線形状態が瞬時にグラフィック表示。入力ミスなども視覚的に確認することができます。

主な特長
仮計算機能で、必要な座標のみ登録
買収不可領域のチェックもできます。
オーバーラップを簡単チェック
幅杭等を関連づけて複数登録
用地分割一連計算で自動処理
CADに入る前に部分図指定
機能強化された引出し線処理
縦断図の上に路線図を重ね合わせ
路線交換 CAD上での路線変更も

3次元道路設計支援 クライアントオプション

3次元座標やコンタデータ、CADデータを背景に3次元の路線シミュレーションをするツールです。2次元のDXFデータには、コンタ線等に連続標高付けをしたり、TINを作成して面に高さを与えるといった処理が可能で、その上に中心線、縦断、横断の切り出しを展開することができます。道路計画データ(縦断・横断)からの土量確認や調整も簡単に行うことができます。

景観シミュレーション

plan_support02

道路シミュレーションの結果を3次元景観シミュレーションに。視点や走行速度、光源を変更させることで、設計形状をより具体的にイメージすることが可能です。

縦横断CAD 基幹オプション

主な特長
リアルタイムにグラフィック表示
線形CADからデータ連携
平面線形をイメージしながら入力
グラフィックインターフェースの縦断計画
目的に合わせてられる縦断表ツール
専用機能を多数搭載した縦横断CAD
実務的機能搭載の横断計画
リアルタイムに変化する構造物
製図データ作成で編集サポート!横断CAD

Road-GM-XML出力

Road-GM-XMLは国土交通省、国土技術政策総合研究所がCALSアクションプログラム2005の一環として道路中心線形データの交換標準を策定して電子納品を開始し、データ流通環境を実現するために作られました。

モデルベースエクスチェンジャー クライアントオプション

WingNeo3DAdvanceとの連携。真のライフサイクルによる効率化に、3次元モデルベース流通は欠かせません。

製品・サービストップ
  • CAD機能
  • ネットワーク機能
  • 測量基本計算
  • 路線・縦横断・設計支援
  • 基準点・水準
  • 便利ツール
  • 電子納品
  • 登記業務支援
  • 地籍調査システム