本文へ

 

WingNeo(ウィングネオ)

地籍調査システム

WingNeo地籍調査システムは、国土調査法に基づく地籍調査事業のA、B、C、D、E、F、G、H行程の作業を効率的に処理し、より簡単に地籍調査の成果(面積集計表、地積図、地籍フォーマット2000ファイル等)を作成できます。

登記エディション-CAD 基幹オプション

自然な流れで成果を作成
地籍調査特有の命名規則を自動認識
地籍フォーマット2000入出力標準対応
WingNeo基幹オプションとしてトータルシステムに

地積図根点網計算、地籍工数検査成績表、14条地図事務支援システム クライアントオプション

登記簿・要約書からのデータ入力(A,B 14条地図事務支援システム)

登記簿、要約書のコピー等、収集した資料を元に、所有者の基礎データを入力します。

土地調査書の作成、出力(A,B 14条地図事務支援システム)

入力された土地情報を元に、土地調査票を作成します。

a-registry-of-land03

所有者別一覧表の印刷(A,B 14条地図事務支援システム)

入力された土地情報を元に、各種帳票を印刷します。

a-registry-of-land04

立会情報入力〜帳票印刷(A,B 14条地図事務支援システム)

入力された立合情報を元に、各種帳票を印刷します。

a-registry-of-land05

基本情報の設定(C,D)
既知点座標の登録(C,D)
観測データの取込(C,D)
図根三角点の計算(C,D)
図根多角点の計算(C,D)
図根点網図の作図(C,D)
地籍情報の計算(E)
筆界の設定(G)
字界の設定(G)
各種集計表の出力(G)
地図番号の設定(H)
登録済みの筆界より、作図に必要な地図番号を自動生成します。
地積図の作成(H)
登録済みの筆界を選択して、製図を行います。
地籍フォーマット2000ファイルの出力

東京都-街区先行型地籍にも対応 地籍オプション

都市部の地籍調査進捗のカギを握る官民境界の査定を街区単位で先行実施する[街区先行型地籍]にもオプション対応。

製品・サービストップ
  • CAD機能
  • ネットワーク機能
  • 測量基本計算
  • 路線・縦横断・設計支援
  • 基準点・水準
  • 便利ツール
  • 電子納品
  • 登記業務支援
  • 地籍調査システム