本文へ

 

WingNeo電子平板システム

データ入出力

高精度&高品質ラスターエンジン搭載

  • モノクロ・カラーラスター共に、高精度に貼付、高速表示、高品質な印刷が行えます。
  • ラスターデータへのスナップ機能も搭載しております。
  • 対応画像形式:BMP(非圧縮)・TIFF(非圧縮・PackBits・RLE・G3・G4)・Geo-TIFF・JPEG・PNG・GIF

remote_control

ラスター編集(OP)

date02

読み込んだラスターに対し座標を設定することもできます。設定後には多点もしくは4点(図郭)で現地状況にあった形状への補正が行え、実測データと合成する際に威力を発揮します。その他にもラスターデータのゴミ除去・細線化・膨張化などの編集に対応しております。

RV変換(OP)・ラスター線追跡(OP)

ラスターデータをCADで編集可能なベクトルデータに変換。紙ベースの資産を有効活用できます。線追跡OPではベクター化した線分をマウスで選択するだけで線分を自動追跡しベクターへ変換。RV変換OPなら線追跡に加え一括ベクトル変換が可能。(領域指定機能あり)

各種データ入出力でのサポートフォーマット

■AutoCAD(DWG・DXF)
AutoCADバージョン2000系に対応した形式での出力に対応しております。R12形式での出力にも対応しております。
■SXF形式(P21・SFC)
オープンCADフォーマット評議会(OCF)検定を取得しているWingNeoがベースとなっております。
■JWCAD(JWC・JWW)
JWCADフォーマットに関しましてはシステムへのインポート(読込)のみの対応となります。
■画像(イメージ)ファイル
図面をイメージファイルとして出力が可能です。ベクタ&ラスタなどの混在データも出力できます。フォーマットはTIFF(G4・モノクロ)・JPG&BMP(共にカラー・モノクロ)に対応しています。
■数値地図2500
画面背景としての表示が可能です。観測現場の確認が容易になり、数値地形観測等にもご利用いただけます。システムへのインポートのみの対応となります。※数値地図2000は別途ご購入ください。
■DMファイル入出力
数値地形図の観測と同時に属性付加及びCAD上での作図(DM属性データ)ができるDM観測オプション内に含まれます。(DM・JSP-SIMA-DMの入出力に対応)
■電子野帳関連
観測データはAPA共通フォーマットでの出力が行えます。
製品・サービストップ
  • 観測機能
  • CAD機能
  • リモートコントローラー
  • データ入出力