本文へ

 

アイサンテクノロジーからのお知らせ

当社は、2017年3月7日から8日にかけて駐日欧州連合代表部にて開催されました、「第2回日欧GNSS官民ラウンドテーブル」に参加しましたのでご報告します。本官民ラウンドテーブルは、内閣府と欧州委員会が衛星測位を活用した重点産業分野の特定新事・サービス創出に向けた日欧間の政策協力の強化のため、各産業分野における GNSS の果たすべき役割や具体事例情報を共有し、 アプリケーションの観点からQZSSサービス、ガリレオサービスの利用、および現実的な受信機仕様を追求する議論を行い、各産業分野へのGNSS 実装を促進することを目的として開催されているものです。

本官民ラウンドテーブル2日目に開催されました「自動車セッション(Automotive Session )」におきまして、当社研究開発知財本部 システム開発部 主任 小峰 晃彬が “Evaluation of GNSS for the realization of the Autonomous Car” の題目にて講演し、同セッション内のパネルディスカッションには当社研究開発知財本部 部長 細井 幹広が参加しました。

第2回日欧GNSS官民ラウンドテーブル、ならびにプログラムの詳細はこちらをご覧ください。

当社講演内容のサマリーはこちらをご覧ください。