INTERGEO® 2019出展のご報告

2019年9月17日~2019年9月19日、ドイツ シュトゥットガルトで開催されました「INTERGEO2019®」に、当社開発子会社であるエーティーラボ株式会社が出展致しました。展示スペースには、現在開発中のトータルステーションを用いた3Dモデリングツール、また、当社が国内で販売している大規模点群編集ツール「WingEarth 」のソフトウェアを中心に展示致しました。本展示会には、点群データを使用せずに現場で効率的に3Dモデルを作成するソフトウェアも参考出品致しました。このソフトウェアは、トータルステーションを用いて観測すると同時に3Dモデル図形が作成されるもので、業務効率化を実現する為に、自動化をソフトウェアに求める声が多い中、ご来場者の方にも伝わりやすく、新しいソフトウェアだと高評価いただき、そのニーズを確信致しました。

また、点群データのフィルタリング、結線化、3Dモデリングへと、点群データの利活用のニーズは万国共通であり、WingEarthを活用した点群編集のワークフローのご紹介に、多くのお客様のご関心を頂戴しました。当社はこれからも測量業界をはじめ皆様の業務支援となるべく、最新・最先端の技術を取り入れた新たな3Dソリューションをグローバルに展開して参りますので、当社の今後の活動にご期待ください。

エーティーラボのブース風景

トータルステーションを用いて観測することで3Dモデル図形を作成するソフトウェアのご紹介では、点群データを扱わずに3Dモデリングが可能となる為、レーザースキャナ導入コストが削減できる点、また特殊な訓練など不要で未経験者でも分かりやすく、説明不要で操作頂ける点も好印象でした。

WingEarthの特長である物体認識、グラウンドフィルタリング、3Dメッシュ機能を中心に、点群データ編集機能をご紹介致しました。実際にフィルタリングする処理速度や、オーバーハングに対応した断面編集等、デモンストレーションにて、高い評価を頂きました。

壁面や柱を観測するデモンストレーションにて、タブレットとトータルステーションを接続し、観測しながら3Dモデリングしていく過程を体験頂きました。

全国の登記所へ導入いただいておりすパッケージとして、自動追尾トータルステーション、ワンマンコントローラー「PocketNeo」、測量CADシステム「Wingneo® INFINITY」を展示し、活用事例をご紹介致しました。

Yearly 年別

CONTACTお問い合わせ

総合受付窓口
0570-064457
受付時間 9:00~18:00
メールでのお問い合わせ