本文へ

 

準天頂衛星「みちびき」

QZSR mode4

2011年6月29日

月曜日にSONY様、SPAC様と銀座、新宿での車載によるQZSR受信機+QZS Prove Toolでの技術試験を行いました。当日最新のQZSR試作機を受け取りmode4と呼ばれているGPS+QZS L1C/A+L1SAIFでの試験を行い、動作の確認ができております。
このmode4はQZSRβⅠ、βⅡの時はL1SAIFとQZS L1C/Aの受信機が別々であったため、設定は出来ても利用できなかったモードです。前回の調整会議の際に説明があったように、L1SAIFが利用できるときはGPS補強として、L1SAIFが利用不可能でQZS L1C/Aが利用できる場合はGPS補完として動作するものであり補完と補強が同時に利用できるものでは無い事をご理解ください。これは現在のL1SAIFにはQZSの情報が含まれてないため、補強と補完を同時に行うと正しい測位が出来なくなってしまうからです。
今回は「みちびき」が準天頂付近に入った20時過ぎからの技術実証であったため、2時間ほどの測位の間、GPS単独での測位になることなく、補強または補完の状態で計測できる事が出来ました。銀座地域では補強95.5%補完4.5%とL1SAIFの受信率は非常にたかかったのですが、高層ビルが建ち並ぶ新宿では補強は52%と下がってしまいました。しかし「みちびき」が天頂に近づくにつれ補強の率もあがる傾向も確認できています。車両での走行試験は測位環境が刻々と変わるめ、QZS Prove Toolの新機能である受信状況の劣化時警告メッセージ機能も十分に試験する事ができ、またさらなる改良点の確認もできました。
深夜のL1SAIF放送は今週の木曜日にも行われるという事ですので、今度は歩行での技術実証を行う予定です。