本文へ

 

渡邉孝三プロフィール

出身地 新潟県
1969年 東京電機大学卒業
1969年 武藤工業入社
CAD,GISシステムの開発、販売に従事
1988年 GIS学会設立に参加、設立後理事
1992年 NSDIPA設立に参加、設立後事務局次長
1996年 アジア航測株式会社入社、GISセンター長
2001年 株式会社NTTデータ入社、統合型GIS室長
自治体の統合型GISのコンサルタント
2003年 「実学 自治体のための統合型GIS」出版
2008年 株式会社NTTデータ信越入社、統合型GIS室長
自治体の統合型GISのコンサルタント
現在 株式会社NTTデータ信越 顧問
アイサンテクノロジー株式会社 技術顧問

書籍紹介

実学 自治体のための統合型GIS

「実学 自治体のための統合型GIS」

渡邉孝三【著】
日刊工業新聞社(2003/07/25出版)

213p / 26cm / B5判
ISBN: 9784526051531
NDC分類: 448.9
定価: 3,300円(税別)

統合型GISを整備するにあたり、筆者が独自に調査した結果と、自治体のGIS導入を実際に行う中で、データ整備における様々な課題を提起し、調査、分析を行い低コストで高品質の統合型GISの方法を述べたものです。

目次

  • 第1章 これでいいのかGISのデータ整備
  • 第2章 自治体が作成する主題図とは
  • 第3章 統合型GISの基礎知識
  • 第4章 統合型GISのデータ品質管理
  • 第5章 統合型GISの導入方式
  • 第6章 統合型GISの運用
  • 第7章 現状の調査と整備費の積算
  • 第8章 統合型GISの導入効果
  • 第9章 統合型GISの実現に向けて