本文へ


問診票など、患者様が直接手書きした文書をPCへ取り込み、PDF化やテキストデータへの変換およびデータ保存を行います。作成したデータは、院内ネットワークを介してリアルタイムに確認できるため、受付から診察室へのデータ受け渡しや院内での情報共有に使用する事が可能です。また、患者番号を元に過去データも閲覧可能ですので、特定の患者の情報履歴を確認する事が可能です。問診票以外にも、同意書や入院治療計画書、紹介状等、医療従事者各位でご利用頂けますので、幅広い範囲で活用することが可能です。

»紙への手書きで電子データを簡単作成

手書きデータをリアルタイムにイメージ化。スキャニングする手間とコストを削減します。

作業時間短縮!業務効率UP!

»手書きイメージをテキスト変換でデータ化

手書き筆跡イメージデータを高精度文字認識エンジンでデータ化。情報の利活用が可能です。もちろん、レ点、丸囲みで設定した情報もデータ化できます。

データ利活用!医療情報のデータ管理に!


»複数台でのデータ共有を実現

データは社内ネットワークで共有可能。複数台でのリアルタイムなデータ閲覧が可能となります。

※標準で2ライセンス使用できます。それ以上使用する場合は追加ライセンスをご用意いただく必要があります。

受付、診察室での即時データ受け渡し!他診療科との情報共有!


»見やすい画面、簡単操作を実現

左側が手書きイメージ、右側がテキストデータ、閲覧画面の場合、上側に書類一覧を表示。シンプルな画面レイアウトで簡単操作を実現。導入時の負担を軽減します。

手書きイメージとテキストデータの画面構成で内容確認!
患者番号と表示期間指定で必要な情報のみを閲覧!


»作成書類への電子署名付与を実現

システム内で作成した書類へ電子署名を付与することができます。重要書類に対して電子的な本人の署名印付与を行い、e-文書法に準拠した書類の改ざん防止、及び長期保管を行うことできます。

電子署名に関する詳細はこちら


»書式の追加、変更も可能

院内で現在使用している書式を追加して使用する事ができます。

書式作成機能も標準搭載!書式作成の代行も承ります。


»他システムとの連携機能

他システムより受け取った患者情報を持つ情報を表示したり、他システムが指定した場所へデータを出力するなど、他システムとの連動機能を実装しています。

他システムから特定の患者の閲覧!他システムへファイル出力!


»その他の機能

この他にも、以下のような機能があります。


»医療文書作成支援ツール 動作環境

対象OS Windows XP Professional SP2以上
Windows VISTA、Windows 7、Windows 8
※複数台の機器接続の場合、プロフェッショナル版を推奨
プロセッサ(CPU) 3GHz Pentium(および同等のプロセッサ)以上
メモリ(RAM) 2GB以上
ハードディスク 200GB以上の空き容量
(バックアップ:500GB以上の空き容量)
ディスプレイ 1024×768(High Color32ビット以上)
※ワイド型を推奨
入力デバイス DigiMemo 株式会社ワコム「DTU-2231 Medical」
その他 USBポート 1つ以上の空き Microsoft .NetFramework3.5
Microsoft Windows XP®、Microsoft Windows VISTA®、Microsoft Windows 7®、Microsoft Windows 8®、 Microsoft Office Wordは、米国および、またはその他の国々における、米国Microsoft Corp.の登録商標または商標です。