本文へ

 

WingNeo 3D Advance

トータルステーションを用いた出来形管理に対応します。トータルステーションを用いた出来形管理とは、今までのレベルと巻尺を使い、手入力で出来形管理表を作成するのではなく、現場でトータルステーションを使い観測したデータをそのまま出来形管理表へ転送し作成する技術です。出来形管理に対応したCVL-Manager Zero で発注者の行う監督・検査の効率化、人為的なミスの防止し、総合評価方式の成績向上、業務の効率化を実現します。

3次元座標観測

トータルステーションの観測と同時にCVL-Manager Zero で座標管理へ登録し、CAD図面作成までが可能です。事務所に戻ることなく、現場でCAD図面を仕上げることが可能になりました。

  • @背景図面の読込み・・・DWG、SXF等発注図面をCAD上に読込みます。
  • A図面位置合わせ・・・背景図面を現地座標系や世界座標系に整合し、施工現場との位置合わせを行います。
  • B光波距離計にて観測・・・図面を元に、観測データを画面上に見ながら観測を行います。
  • C位置確認・・・観測した座標から2点間(3D)の逆計算機能を利用して、図面上の位置と現場の位置を比較します。より正確なデータを施工に利用することができます。
  • D図面編集・・・土木CADコマンドを利用し、座標の配置、面積の検査・配置など図面編集を行います。
  • Eデータ連携・・・横断データ、メッシュ法土量計算、鳥瞰図へデータ連携していきます。
  • F印刷・・・図面を印刷して完成です。

道路工事完成図

図形観測を利用し、現地で現場に合わせた、車道部、盛土法面等 のエリア設定(エリアコントロール)や区画線、管理区域界(連続線)、距離標の位置(マーカー)が現地で作成可能になりました。CAD図面をいじるのでは なく、現場に即した正しいデータを取得することが可能です。

横断観測

トータルステーションを使いCADで横断観測が可能です。観測と同時に座標管理へ登録、全てが三次元座標化されます。横断データや鳥瞰図、平均断面法の土量計算にも連携が可能です。グラフィカルな横断観測で、観測データをイメージとして閲覧しながら観測できます。観測データの3次元座標化で修正も簡単に行えます。

3次元ソリューション

WingNeo 3D Advance(Powered by AutoCAD Civil 3D)とモデルベース連携を実現しました。国土交通省による「CALS/ECアクションプログラム」でも注目を浴びているLandXMLフォーマットへの対応を実現させると共に、LandXMLを中心とする設計モデルベースの先駆であるオートデスク社との協業を行い、CALS/ECのライフサイクルにおける設計データの有効活用を図ります。