本文へ

 

トップメッセージ

株主・投資家の皆様へ 代表取締役社長 柳澤 哲二

株主の皆様におかれましては、平素より弊社の事業展開に多大なるご理解とご声援を賜わり、当グループを代表いたしまして厚く御礼申し上げます。 弊社は、1969年の創業来一貫して「測量」市場に関わる「モノ創り」に拘りながら、時代とお客様に顕在するニーズに呼応したソフトウェアを開発し、それをコアに据えたソリューションをご提案して参りました。

'70年代にプログラム電卓の登場から、座標や面積を求める簡易計算プログラムの開発を皮切りに測量市場への参入を図り、'80年代にはパーソナルコンピュターとペンプロッター(自動製図機)の台頭を受け本格的な測量CADシステムの開発に着手並行し、全国的な営業網を築くべく営業拠点の拡充を進めました。

'90年代においては、PC98シリーズで稼働するHyperWing測量CADシステムが建設技術センターより「技術審査証明第301号」を取得しましたことは、当時として極めて画期的な技術的評価であり、本システムは全国のお客様から高い評価を頂戴いたしました。'95年、Windows95の登場はパーソナルコンピューターの一層の普及を促すと共に、インターネットを手軽に利用できる環境を実現した本格的なネットワーク時代への元年となり、弊社の開発するソフトウェアもそれらへの対応を進めながら、今日では一般的になりましたネットワークシステムへの基礎的技術を確立するに至り、現在の最新鋭測量CADシステム「WingNeoINFINITY」へ継承されております。

他方、測量市場においては、'80年代以降、測量の観測作業で使用する計測機器が技術的な進歩を遂げたトータルステーションの普及期を迎え、それまで手書きで記録していました観測データが電子化され、そのデータを速やかに記録・保管し、かつ、現地での計算作業が容易に実現できる環境に移行してきました。従来、手書きによる観測データの記録・保管においては人為的な作業ミスのリスクを抱えると同時に、測量では不可欠な観測データを座標化するにあたっては、一旦、オフィスへそのデータを持ち帰り、当該システムへキーパンチによる入力作業を経なければならない作業環境でありました。弊社ではトータルステーションの普及から、測量における観測データの電子化にいち早く着目し、当該データを速やかに記録・保管し、かつ、測量に必要な様々な座標化への計算実行が行えるモバイルシステムを他社に先駆けて開発し測量における観測業務の飛躍的な効率化に貢献して参りました。2000年以降、激変する測量市場におきまして、測地成果2000時代の突入や関係法令の改正等が進むと共にGPSの台頭からGNSSが加速的に普及する中、国産初の準天頂衛星みちびきの打ち上げを受け、今まさに新しい時代の新しい測量市場向けた新しいソリューションが求められております。

弊社といたしましては、お客様におけます業務効率化に貢献する一層のご提案に励み、お客様と共にこの新しい時代を切り開く新しい測量市場の創造の一助といたしまして、弊社の中期経営計画にご期待を賜われれば幸いに存じます。