本文へ

 

アイサンテクノロジーからのお知らせ

この度の東北太平洋沖地震は、広範囲にわたって大きな地殻変動をもたらしました。

この影響を受けた 公共測量基準点の復旧 にあたって、「PatchJGD」座標補正パラメータ と、セミ・ダイナミック補正の地殻変動補正パラメータ が用いられることが想定されます。

技術顧問 中根勝見 により、これら座標補正の技術情報と、今後の公共測量や地積測量図への対応等見通しを解説します。

110323_パラメータの解説-02.pdf※2011年3月23日作成、5月27日加筆

また、ATM'S会員様向けサポートサイト @tmsPark において、フリーアクセスの 【特設情報ページ】 を3月23日に公開しました。 ( @tmsPark [イベント] - [特設情報ページ] よりご覧いただけます。)  今回の大地震による測量作業対処など、各種技術情報を発信、随時更新してまいりますので、合わせてご参照ください。