本文へ

 

アイサンテクノロジーからのお知らせ

平成25年度「新あいち創造研究開発補助金」採択プロジェクト「道路情報のモデル化による走行支援に関する研究開発」の成果報告会を関係者、報道機関の方をお招きし下記のとおり開催する運びとなりました。
同補助金制度は、愛知県が次世代自動車や航空宇宙など将来の成長が見込まれる分野の研究開発・実証実験を支援する制度であり、本プロジェクトは、交通に係る分析・評価、ITによる交通の高度化等を主たる研究テーマとして多くの実績を持つ名古屋大学大学院森川研究室と連携し、一般財団法 人衛星測位利用推進センター(SPAC)の技術支援のもと、昨年6月から本年3月にかけて実施した、準天頂衛星を使用した衛星測位による車線認識走行実験となります。
なお、本報告会にご参加いただけない方へ向けて、当日の内容に関しては、後日レポートとして本ホームページ上にて開示する予定としております。

2014年4月21日(月):アイサンテクノロジー株式会社 本社セミナールーム(4F)

住所:愛知県名古屋市中区錦3-7-14 ATビル TEL:052-950-7500

開催時間 16:00~18:00

プログラム

開催時間

内容

16:00~16:10

成果報告会の挨拶
アイサンテクノロジー株式会社 代表取締役社長 柳澤 哲二

16:10~16:30

準天頂衛星初号機”みちびき”を利用した実証実験報告
(一財)衛星測位利用推進センター 利用実証推進プロジェクトリーダ 松岡 繁

16:30~16:50

準天頂衛星などによる高精度位置情報がもたらすこれからのITS
名古屋大学大学院環境学研究科
                  グリーンモビリティ連携研究センター兼任 教授 森川 高行
名古屋大学大学院環境学研究科 グリーンモビリティ連携研究センター兼任 教授 森川 高行

16:50~17:30

成果報告と今後への課題
アイサンテクノロジー株式会社 研究開発知財本部長 細井 幹広、研究開発知財本部 横井 貴史

17:30~18:00

質疑応答

お問い合わせ先

アイサンテクノロジー株式会社
研究開発知財本部 システム開発2課 担当:小林(TEL:052-950-7500)