本文へ

 

アイサンテクノロジーからのお知らせ

 

日頃より弊社製品、並びに弊社サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。
来る2013年12月20日、法務省は、新政府共用認証局自己署名証明書の更新に伴い、『登記・供託オンライン申請システム』のサーバ証明書の更新及びソフトウェアに付与されている電子署名の更新を予定しています。
本法務省の更新に係る影響範囲は、『登記・供託オンライン申請システム』、『申請用総合ソフト』、及び弊社製品『WingneoINFINITY』をご利用になり、オンライン申請関係書類を作成・申請されるお客様全般が対象となります。
不動産登記オンライン申請システムをご利用のお客様は、法務省の当該サイトをご確認のうえ、新たな政府共用認証局自己署名証明書(サーバー証明書)の登録等を実施いただきますようお願いします。

※ご利用PCに新政府共用認証局自己署名証明書(サーバー証明書)を登録していない場合、2013年12月24日(火)以降の不動産登記申請に関しエラー等発生の可能性があります。
必ず新政府共用認証局自己署名証明書登録の実施をお願いします。
詳細は法務省サイトをご確認ください。

▼『登記・供託オンライン申請システム』お知らせ一覧
http://www.touki-kyoutaku-net.moj.go.jp/information/info_201312.html#HI201312051356

○法務省によるサーバ証明書更新時期:
2013年12月20(金)午後9時から午後11時頃まで

▼新政府共用認証局自己署名証明書、ソフトウェアに付与されている電子署名及びサーバ証明書の更新について 
http://www.touki-kyoutaku-net.moj.go.jp/cautions/pdf/syoumeisho_koshin_131126116.pdf

また、このたびの法務省システム側の更新内容の詳細を法務省へ確認しました結果、本件に伴う弊社製品への影響範囲を下記のとおりご案内します。
12月24日以降の不動産登記オンライン申請作業につきましては、ご利用PC環境にご留意ください。

○想定する弊社製品への影響範囲について:
1.サーバ証明書の更新に伴う申請、処理状況の照会等オンライン申請の処理全般
影響を受ける製品対象バージョン:WingneoINFINITY Ver3.0

2.サーバ証明書更新に伴う登記識別情報提供様式の作成、及び表示に係る様式の暗号化・複合化処理
影響を受ける製品対象バージョン:WingneoINFINITY Ver1.1/2.1/3.0

○弊社製品での対処方法について:
1.サーバ証明書の更新への対処方法
ご利用PCへの新サーバ証明書登録(インストール)により対処が可能です。
12月20日午後11時以降に更新された新サーバ証明書を取得し、PCへの登録を実施してください。

2.登記識別情報提供様式の作成、及び表示機能に係る対処方法
登記識別情報関連様式を使用する申請において、法務省の新仕様への製品対応は、2014年3月発売予定の『WingneoINFINITY Ver4.0』にて対応いたします。
なお、現時点におきましては、新サーバー証明書の登録を行うことにより、現行製品搭載の変更前仕様のままでも登記識別情報提供様式作成、及び表示に問題がない旨、法務省へ確認しております。
ご安心のうえ製品をご利用ください。


※弊社製品にて書類作成等を行い、法務省『申請用総合ソフト』による申請を実施されるお客様は、12月20日午後11時以降に公開されるVer3.2Aへのバージョンアップが必要となりますので、ご注意ください。

▼法務省『申請用総合ソフト』3.2A 改修内容及びバージョンアップ方法
http://www.touki-kyoutaku-net.moj.go.jp/static/softversionup_131210572.pdf
 
今後とも弊社製品、並びにサービスをご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。