本文へ

 

製品・技術関連情報

測量用多機能電子野帳「Mr.Samurai CALS/V(ミスターサムライ)」の後継機種の開発・販売に関して、株式会社シーティーエス(JASDAQ証券コード:4345 長野県上田市)と業務提携し共同で事業展開を進める運びとなりました。

アイサンテクノロジー株式会社(JASDAQ証券コード:4667、本社:名古屋市中区、社長 柳澤 哲二、以下アイサンテクノロジーと略す)と、株式会社シーティーエス(JASDAQ証券コード:4345、長野県上田市、社長 横島 泰蔵、以下シーティーエスと略す)は、土木設計・建設業に向けた情報化施工対応の専用情報端末の開発・販売に関する業務提携に基本合意いたしました。
1.背景
国土交通省が主導する情報化施工のうち「TS(トータルステーション)を用いた出来形管理」は、土木業界における多種多様で大量の情報の収集及び分析が必要とされる中、業務の効率化、品質の確保・向上を図るために導入されつつあります。このたびの業務提携により開発する専用情報端末は、様々な土木現場の情報収集端末として、更なる業務の効率化を図り、大規模現場から小規模現場まで広範囲に渡る土木施工に係わる方々のニーズにお応えするものであります。
2.業務提携の概要
アイサンテクノロジーが開発する測量業向け現場観測プログラム「Pocket NEO(ポケットネオ)シリーズ」の情報通信技術と、1983年の発売以来、累計販売台数約20,000台の実績を持つシーティーエスが開発・販売する測量用多機能電子野帳「Mr.Samurai CALS/V(ミスターサムライ)」の操作性及び業務ノウハウを融合し、新たに土木施工分野における情報通信技術を活用した情報化施工に対応する「Mr.Samurai CALS/V(ミスターサムライ)」の後継の専用情報端末を共同で開発し販売してまいります。
本開発により、TS出来形観測の対応は勿論のこと、設計から施工現場に至る一連の施工作業に係る一貫したデータの利用が可能となり、業務の効率化によるコスト軽減が図れるとともに作業データの品質向上を実現いたします。
3.共同開発に携わる各社概要
アイサンテクノロジーは、創業以来、測量CADシステムメーカーとして、その開発・販売に係る事業を展開しており、近年では、市場の3次元化のニーズを受けた3次元CADシステムの開発・発売並びにモービルマッピングシステムを用いた高精度3次元地図ソリューション等に注力しております。
(1)商 号:アイサンテクノロジー株式会社(JASDAQ証券コード:4667 )
(2)代表者:代表取締役社長 柳澤 哲二
(3)所 在:愛知県名古屋市中区錦三丁目7番14号ATビル
(4)設 立:1970年8月
(5)資本金:5億2084万円
(6)従業員:73名 (2010年3月31日現在)